greeting01
m01 m03
greeting03
dog

 院長、守永和正は九州大学第2外科で血管外科を専攻し、血管外科の研究で博士号を取得。
 さらに済生会唐津病院(1984年〜、1989年より副院長)での多くの血管、消化器手術や臨床経験を生かし、1999年2月に唐津市(唐津駅南口)に胃腸科・外科・肛門科として「もりながクリニック」を開業。2012年4月、唐津市浜玉町(浜崎駅裏)に新しく医院を新設致しました。
 常に患者さんに対してベストの治療は何かを考えて診療に当たっています。

胃や大腸内視鏡検査や内視鏡的ポリープ摘出術などを行っています。
又、胃潰瘍、逆流生食道炎、潰瘍性大腸炎などの内科的治療も行っています。

超音波切開凝固装置(a)を用いた痔核、痔瘻、裂肛、直腸脱などの肛門手術(日帰り、又は市内の病院に短期入院)を行っています。
又、院長開発のモリコーン(b)という痔核治療器を用いたジオン注射療法は、日帰り痔核手術を希望される患者さんに非常に好評です。

血管外科専門である領域を生かし、外来で行える下肢静脈瘤手術を行っています。

【血管外科領域】

【消化器科領域】

ごあいさつ

【肛門科領域】

もりながクリニック ホームページへのアクセスありがとうございます。消化器内科・大腸肛門外科 佐賀県唐津市浜玉町浜崎611-2 Tel.0955-80-0076